小原優香プロデュース酵素ドリンク【クレンジング酵素 0】
2015年12月14日

新・牡丹と薔薇11話など

いや〜、ついうっかり見つづけるようになってしまいました。
昼ドラ見るの、久し振りですがやっぱり中島御大のドラマはちょっと違いますねえ♪
台詞の言い回しとか、何か、独特のものを感じます。


それと。
どこかの感想で見掛けたのですが、美輪子役の逢沢りなさん
真珠さまに似てるv TV観てて、あれ?って思う事があるんですよ。


全作のぼたばらを、実は観てないのですが
新ぼたばらの牡丹、すっげうざい姉ちゃんに思えるとですが。
妹にカレシ出来るのがそんなにショックなのか??


18だったら彼氏の一人や二人くらい出来ても……なあ。
仲が進展することも、うん、あるかも知れないし。牡丹ちゃんは婚約者もいるのに
美輪子のことを構い過ぎやん。


つか。あの相手の事、そんなに好きでもない様子。なのに何故婚約してるんだろう。
それに、眞澄ママは自分の事棚に上げて美輪子のこと、怒れるのか?(苦笑)


眞澄が昔産んだ娘が、たまる君の、海外にいってるお姉ちゃん?
続きが気になるようになってきちゃいましたわ♪



ところで。
OPに出てくる万華鏡の画ですが、山見浩司氏という方が手掛けていて
この方ですが、日本では名のある万華鏡の作家(って言っていいのかな)なのだそうですね。
知らなかったわ〜

▲こういうのも手掛けてらっしゃるそう。
きれいですよねえ。





posted by 昼ドラに嵌まった at 14:53 | Comment(2) | 新・牡丹と薔薇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 初めまして、ジャスターといいます。私も前作見てないんですが、本作から見てますw


 牡丹の妹の執着といい、婚約者への接し方と言い、同感ですw 家柄の問題で相応しい男性じゃないという理由もあるかもしれませんが、それでも異常ですよねw 何だか、無理矢理牡丹と美輪子との対立を作るために無理矢理感もありますけどね・・・。

 個人的には笑い目的で毎日録画して見てる感じです。カオルコといい、萌子といい、多摩留といい、三流芸人のコント見るより面白いのでw
Posted by ジャスター at 2015年12月14日 23:58
ジャスターさま、初めまして。
書き込みありがとうございます。

牡丹の、美輪子への執着は観ていて「ちょっと…」と
思えるレベルですよね。それもこのドラマならではの醍醐味なのかも
知れませんけど。

台詞も。
「盛りの付いた…」なんて言い方、今どきのドラマでは
聞かないし。中島脚本ならでは、ですね。観てて楽しいです。


>三流芸人のコント見るより面白いので…
同感です(笑) ヘタな番組観るよりよっぽど面白いです♪
Posted by 昼ドラに嵌まった at 2015年12月15日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。