小原優香プロデュース酵素ドリンク【クレンジング酵素 0】
2016年09月10日

シン・ゴジラ やっと観てきました♪

前から観たい思ってましたがやっと観に行けました。
シンゴジラ。


今回は珍しくも下の子が観たいと言い出して、
あたしはもとより観たかったのですが、映画館にGoとなりました。
前回のハリウッド版ゴジラの時は、怖かったらしく夜眠れないと言ってたので、
まさか観たいというとは思わなかったですわ。


やっぱり映画館で観たかったので、行けて良かったです。
DVD出たらレンタルして観ようかな思ってましたが、TVの画面と
でっかいスクリーンで観るのとでは、迫力全然違いますもんね。


で、観た感想。


面白かった♪


ネットで感想みたら、賛否両論ありましたが
あたし的にはめいっぱい楽しめました。


先ず、何よりリアルでした。
現実にゴジラ(若しくはあのような怪獣)が出現したら政府は
ああいう対応を取るんだろうなあというのが想像できて、面白かったです。


矢口蘭堂(長谷川博己)が東京湾で大量の水蒸気が噴出、東京湾アクアラインでのトンネル崩落事故
の対策会議の席で「巨大生物」が原因かも知れないと意見したのを、一笑に付されたのもそうだし、
その後動画がニュースにでた後の対応も、リアルさを感じました。


対ゴジラ戦略を実行していく上で、その都度会議で諸々の決議をしていかないと
作戦の実行ができない点もね、ああそうなんだあとこれもまたリアルだった。
前例がないこと、法令に規定のない案件は、一々決議をしていかないと
動けないんだなあ、と思いましたわ。


そういう面のリアルさを追求してたのかな、会議のシーンが存外長かったというのは、
思いましたが、だけど退屈ではなかったし。


本当に怪獣が出現したら、そんな悠長なことしてたら被害拡大しちまうやん。


そう思えたです。
緊急時には、速やかに作戦を実行に移せる命令系統を作っておく
必要あるよなあ……


さて。
今回のゴジラは姿を変えていくという設定でした。
初めに出てきた怪獣が、ゴジラと戦うとかいうのかなと思ってたのですが
あの背びれはゴジラだったし……


アンファンスからジュネッスに変化するゴジラだったのね。


しかも。
口からだけでなく、背中とか尻尾の先からも熱戦だすし。
シンゴジラ、すげえ!


先日朝のワイド番組で、女子がシンゴジラに嵌ってるというのを
やってまして、女子が嵌るポイントというのを幾つか紹介してましたが
あたし、思いっきりそこからは外れてましたな(笑)


あたし的萌えシーン♪
ゴジラを攻撃する自衛隊さんたちv
タバ作戦実行中のヘリやら戦車やら戦闘機には、わくわくしてしまったです。


自衛隊の総攻撃で、被弾するゴジラも圧巻でした。
なのに、無傷。
ゴジラつええ〜!


ヤシオリ作戦実行前の矢口の挨拶。
作戦に従事する自衛隊員に「命の保証は無い…」という言葉と、
それでも作業を実行していく隊員さんたちに、激萌えでございました。


みんな、格好いいよお(><)vv


ゴジラに向かっていく電車さんたち(笑)
いわゆる特攻≠セったのが、きゅんとしました。
電車なのに、萌え♪


あと
エンドロールで 撮影協力者の名前や団体が流れていたところに
小池百合子氏の名前があったのにも、きゃv と反応しちゃった。
今でこそ都知事さんですけど、撮影中は防衛大臣だったのよね。
防衛省も撮影協力してたし、名前出ていてもおかしくないか。


劇中でも防衛大臣は女性だったし(花森麗子@余貴美子)
ああいう閣議に参加されてたら、あんな風に総理に決断を迫ったりも
するんかな♪ と、ついつい想像v



ボトルどん!=@ああ、あれかあ。
萌えポイントなんだあ…くらいの認識でございました(笑)


ヤシオリ作戦は一応成功したけど解凍≠オてしまう可能性も
ゼロではないんですよね、多分。ラストシーンのゴジラの尻尾にあった
人の様なものは何だったのか……


気になります。


ここから先は登場した兵器一覧ですので
興味ある方だけどうぞ。

シン・ゴジラに登場した武器関連♪

ウィキペディア シン・ゴジラ から引用しました。

◆自衛隊
 10式戦車
 16式機動戦闘車
 87式偵察警戒車
 82式指揮通信車
 99式自走155mmりゅう弾砲
 96式多目的誘導弾システム
 多連装ロケットシステム自走発射機M270 MLRS
 化学防護車
 NBC偵察車
 除染車
 軽装甲機動車
 3 1/2tトラック
 1 1/2tトラック
 1/2tトラック
 こんごう型護衛艦「きりしま」
 あきづき型護衛艦「てるづき」
 たかなみ型護衛艦「たかなみ」/「おおなみ」
 いずも型護衛艦「いずも」
 おおすみ型輸送艦「おおすみ」
 F-2戦闘機
 AH-64D戦闘ヘリコプター
 AH-1S対戦車ヘリコプター
 OH-1観測ヘリコプター
 UH-1J多用途ヘリコプター
 SH-60K哨戒ヘリコプター
 CH-47J大型輸送ヘリコプター
 EC-225LP特別輸送ヘリコプター
 新型無人偵察機システム(名称のみ)
 89式5.56mm小銃(フォアグリップ付のものも確認される)
 12.7mm重機関銃M2
 Mk.84JDAM(F-2が投下。劇中では命中後跳ね上がり遅れて起爆するが、実際には弾頭信管式であるので弾着後速やかに爆発する)
 TOW対戦車誘導弾(AH-1Sが発射)
 ハイドラ70ロケット弾(AH-64DとAH-1Sが発射)
 M30誘導ロケット弾(御殿場からMLRSが発射。射程延伸型)
 戦闘装着セット(エキストラは半長靴、戦闘防弾チョッキ、PASGTヘルメットのレプリカを着用)
 88式鉄帽、防弾チョッキ2型(改)、防弾チョッキ3型(協力出演した自衛官が着用)

◆海上保安庁
 はやなみ型巡視艇「はまなみ」
 EC 225MH691「いぬわし」

◆民間から徴用した兵器
 無人新幹線爆弾(新幹線N700系電車)
 無人在来線爆弾(JR東日本E231系500番台電車・JR東日本E233系1000番台電車など)
 高所放水車
 タンクローリー群
 ホイールローダー
 コンクリートポンプ車

◆米軍
 ニミッツ級航空母艦(横須賀基地所属、艦名不明。シンガポールへ脱出)
 アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「デューイ」
 B-2ステルス戦略爆撃機
 MQ-9無人航空機
 トライデント潜水艦発射弾道ミサイル(ゴジラに対する熱核攻撃の際使用が示唆された)
 MOP2大型貫通爆弾(架空兵器。実在するMOPの改良型と思われる。B-2が投下)
 B83熱核弾頭(水素爆弾)
 トマホーク巡航ミサイル(ミサイル駆逐艦「デューイ」が発射)
 ヘルファイア対戦車ミサイル(MQ-9が発射)
 ペイブウェイIIレーザー誘導爆弾(MQ-9が投下)


いやん、こんなに出ていたんですねえ。
ミリオタには堪らんですたい♪♪


というわけで、とりとめのない
感想ぶちまきでした。

posted by 昼ドラに嵌まった at 23:48 | Comment(0) | 特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: