小原優香プロデュース酵素ドリンク【クレンジング酵素 0】
2012年12月28日

幸せの時間 39話 最終回 感想 篠田(川久保拓司)が…(TT)

幸せの時間 無事終わりましたね。
ちょっと脱力してます。ああ、終わったなあ……と。


最後、いい終わり方だったかな。
篠田(川久保拓司)の死がなければもうやだ〜(悲しい顔)
ごひいきさんの死は悲しいです。原作も篠田は倒壊に巻き込まれて…でしたが。
でも、何というタイミングであの家に入って来た、篠田(笑) 耀子(神楽坂恵)の行方を篠田なりに探して、浅倉家に辿りついたとでも?


耀子は植物状態に?
死にはしなかったのね(ごめんなさい、酷い言い方で…) 達彦(西村和彦)が面倒みてるんだ。意外でした。耀子の事をあんなに怒ってたのにね。やっぱり耀子があんな事になって憐れんだ??


それにしてもですねえ。新築の家があんな倒壊の仕方をするなんて、どんな工事したんだ〜〜
ハンパな手抜き方ぢゃ、ありませんわよあれは。
家があんなになっても、ローンは残ってるのでは?? 達彦も家の事では被害者なのに開発した会社に勤めてたばかりに加害者側に立ってるんですよね。挙句、上司の保身のためにクビを切られ……
その点は気の毒です。


いい加減にやってた矢崎(柳沢慎吾)の方が開発会社に骨をうずめる決心をする辺り、
人生どう転ぶか分からないものですねえ。
あ。矢崎と香織(伊藤梨沙子)のその後は描かれませんでしたね。


良介(上遠野太洸)と奈津はハッピーエンドで良かった良かった♪
智子(田中美奈子)を『お母さん』と呼んでいたし。智子も特技を活かした仕事をしているようで。佐代子(丘みつ子)まで手伝ってる?


篠田の遺骨、智子が引き取ったのかあ。智子を、耀子の凶刃から守ったのだし。でも、他人で1度は自分を襲った男なのになあ。ちょっと不思議でした。
篠田の元に光の国からの使者は訪れなかったのか(笑)


DVD 帰ってきたウルトラマン 全13巻セット:楽オク中古品
▲帰ってきたウルトラマンの冒頭がそうだったのでわーい(嬉しい顔)


香織が達彦のことを「パパ」と呼んでいたのも良かったですね。ほっとした。
まあ、まだ色々引っ掛かる事はあるかも知れませんが、それでも達彦を父親と認めているんですものね。
達彦も少しはほっとしているのでは。




川久保拓司さんの出演を知って、2話から観始めた幸せの時間でしたが、
しんどかったけど楽しい2ヶ月間でした。
でも、ドロドロ系昼ドラを2作続けて視聴したのは十ン年ぶりですわ。


真珠夫人とそのあとの新・愛の嵐以来です(笑)
この時も嵌まりまくってたなあ〜

posted by 昼ドラに嵌まった at 15:10 | Comment(14) | 幸せの時間 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月27日

幸せの時間 38話 感想など

38話、終わりました。いよいよ明日は最終回
気になっていた耀子(神楽坂恵)良介(上遠野太洸)の密会は…耀子が誘ったのね。良介も、奈津(かでなれおん)が妊娠中だし、一応耀子も妊婦なので、お腹が痛い…とか言ったら、そりゃ介抱くらいしますよね。


それを利用して、家に連れてきた、と。
良介が耀子を相手にする筈はないよなあ…と思ってましたが、一抹の不安はあったので、ほっとしましたわ。耀子、何の薬を使ったのよ〜。気になる。


また、いいタイミングで智子(田中美奈子)が助けに来るし♪
本家ウルトラマン@篠田(川久保拓司)は、テラスから覗いて何か不気味なこと、呟くだけだったのに(笑)

ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス ジュネッス バンダイ【2月予約】
ULTRA-ACT ウルトラマンネクサス ジュネッス バンダイ【2月予約】



良介が、奈津を裏切るような事にはならなかったので、ほっとしました。


あのお面を被った耀子。
つい、般若〜♪ 赤い糸がオーバーラップしてみえました(笑)
すぐには着かないと思うんですが、あれだと。瞬間協力接着剤じゃないと……


智子は実家に戻る決意をしたよう。
智子と一緒に暮らす事を渋ってた香織(伊藤梨沙子)も、奈津の説得で智子との同居に応じそうだし。奈津、いいお嫁さんだあ。


つか。
新婚家庭に、いつまでも邪魔してる訳にはいかないと思うんだよね。



いよいよ明日は最終回ですね。
どきどきしてきました。



それと。
コメント頂いた方へのレス、後でしますね。
今日はこれから町内会のお仕事をひとつ片づけてこないといけないのです。
今月来月当番なもので。内心面倒臭〜と思ってるけど当番制だし、仕方ないっすね。

posted by 昼ドラに嵌まった at 14:35 | Comment(12) | 幸せの時間 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月26日

幸せの時間 37話 感想 絵里子(筒井真理子)に…

今日は絵里子(筒井真理子)が主役でしたね。
幸せの時間 37話 これまでの回で、一番幸せの時間≠過ごす事ができた人だったように思います。でも……(TT)


バイオリンを取りに来た香織(伊藤梨沙子)を追って、耀子(神楽坂恵)は病院に行った? 香織に言われた事に反論でもしようと思ってたのかな。絵里子本人をみて。
でも、流石の耀子も、あの中には入って行けなかったようで…。


絵里子のあの笑みの前には、耀子の言い分なんてどこかに吹き飛びそうな感じがしました。
そんな耀子の本心…「自分を愛して」という想いを、智子(田中美奈子)はちゃんと分かっているんですね。耀子が怖いという達彦(西村和彦)に、耀子の事を思いやるよう諭す智子に、何だか感動すらしましたわ。


良介(上遠野太洸)に醜態を見られた達彦(西村和彦)。父親を見下す良介に、達彦も苦しんでいる事を話す矢崎(柳沢慎吾)が良かったですね。そ。父ちゃんも大変なんだよお。上司の保身の犠牲になってしまったんだから。


今まで信じてきた会社に裏切られた達彦は、流石に気の毒に思えました。会社なんて信用していないという矢崎の方が、利口な生き方なのかも知れませんね。出世はしないかも知れないけど、安穏とした生活はちゃんと出来るのだし。


dinos_456405.jpg
バンブーカシミヤ ニットアンサンブル セット(カーディガン+ニットプルオーバー)
▲ドラマ内で着用? 関連商品だそうですが…。誰か着てたかしらん。


折角達彦の心が耀子に向いていくのに、肝心の耀子の方が変ですね。
流産って、あの、家が揺れたせい? とは思えないけどなあ。どうなんでしょうか。


遂にあと2回で幸せの時間も終わりですね。
何だか寂しい気がします。赤い糸の女からずっと、ドロドロ昼ドラどっぷりな生活でしたしね。


posted by 昼ドラに嵌まった at 14:44 | Comment(3) | 幸せの時間 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月25日

幸せの時間 36話感想 38話あらすじ 耀子(神楽坂恵)が怖い…

既にホラー。
幸せの時間 36話 耀子(神楽坂恵)絡みのパートは、ドロドロの域を超えていましたね〜。血のリングを交換する結婚式なんて、ホラー以外の何物でもないよおがく〜(落胆した顔)


耀子パワー全開な36話。達彦(西村和彦)が耀子を拒否してたじゃないのですの。新婚の夜に…(苦笑)。TVを観つつ、乱暴に扱うと、その家壊れちゃいますよお〜。もしかして、耀子が住むようになったせいで家屋倒壊が早まったとか??


どうも、最近は達彦にも同情するようになってきた。
暫く二人で…という耀子に、早く仕事を探さなきゃ、という達彦ですが、あの場合は達彦の言い分の方が正論じゃないかなと思いました。耀子も身重の身体で働く訳にはいかないのでしょ。だったら達彦が早く仕事を見つける必要があると思いますが……
子供が生まれるなら尚更。


家族が大事なら…と、耀子は怒ってたけど、大事だからこそ達彦は早く収入を得られるようになりたいのだと思っていると…。良介(上遠野太洸)にも言い返してましたが、駄目父だったかも知れないけど、達彦なりに精一杯父親としての務めは果たそうとしてたんだろうなあ。


そう思うと、達彦の心の奥を理解する人がいないというのは、気の毒にも思えたりして。


そして、香織(伊藤梨沙子)と絵里子の方はほんわりな展開なんでしょうけど、絵里子さん、長くなさそうな感じですよね。助からなさそう……原作通りに進むかなあ。


で。
問題のみどり(高樹澪)の発言。智子(田中美奈子)を好きだった云々ですが、問題なのはみどりの旦那の方だった?
まさかのホ○。これは想定外(笑) みどりの部屋に男臭さが全然ないと智子が言うとあったので、実は離婚してたとか何とかなのだろうというのは想像してましたが…ダンナさん、男と出ていったんですか……
こりゃまた。


良介、大工修行?
職人になるのは悪くないと思うけど。厳しいですよ〜。


では、38話のあらすじです。最終回の1話前。怒涛の展開でしょうか。


智子はみどりの家を出て、実家に身を寄せていました。
佐代子(丘みつ子)に励まされ、これからは実家で暮らすよう勧められます。
左手に嵌めたままの結婚指輪を見つめ、外そうと…。


一方
達彦は、燿子と子供の為に人生をやり直す決心をして、離婚届を提出します。
燿子にも優しく接するように気を配りますが、当の燿子は終始言葉少なく、達彦は困惑しますが…。


智子は荷物の整理をする為に浅倉家へ一旦戻りますが、荒廃した部屋の様子に驚きます。
そして、それ以上に燿子の不自然な態度が気になって……。


今日の予告にありましたが、耀子は流産する? という事は、一応妊娠したのは本当だったのかな。
耀子もあの家にきたばっかりに……。



幸せの時間,衣装,提供

幸せの時間,衣装,提供

posted by 昼ドラに嵌まった at 22:35 | Comment(7) | 幸せの時間 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2012年12月24日

幸せの時間 35話感想と37話あらすじ 柳(城咲仁)君……(--;

クリスマスイブですね。
今日は幸せの時間を観る事は出来ましたが、その後すぐに晩の支度にとりかかったので、
感想書くのが遅くなりました。

35話感想


柳(城咲仁)の変わりように唖然がく〜(落胆した顔)


由紀(保田圭)のお仕置き≠ェ余程怖かったんですね〜。それにしても、あのざまは……。幸せの時間 35話は先ずは柳の変貌ぶりを突っ込まずにはいられません。


それだけじゃなく。
35話、本当にツッコミポイントが多すぎて、どれからツッコんでよいものか迷ってしまいます(苦笑)。
最近過激な描写が減ったという意見をよく見掛けますが、台詞だけ聞いてたらとんでもなく過激でした。


篠田(川久保拓司)が、智子(田中美奈子)に由紀のお店で起きた惨劇を知らせるシーン。ぺ○○を云々と、まあ、ズバリその名称を言っちゃうし。つか、何で篠田がもう知ってるんだろう。お店に生花を入れてるし、ちょこちょこお店に顔を出してはいたようですが、由紀が柳を切り付けた時にも、お店に行ってた? 何故知ってたのかを篠田に訊いてみたいものです。


智子が柳の病室に行った時の会話。
繋がってるだの膨張してたから出血が云々だの……きわどいどころじゃない会話たらーっ(汗)


達彦(西村和彦)との関係を社内でぶちまける雅代(巻野わかば)。こちらも柳たちに負けじとばかりな過激な発言。いやあ、ああいう事を社内で言うのはちょっとルール違反じゃね? 幾ら相手にされなくなったからって。所詮不倫な関係なのだし。矢崎(柳沢慎吾)が達彦を殴ったのは、あの場を収める為でもあった訳ですね。


何か、色々ツッコミどころが満載で、耀子(神楽坂恵)のウエディングドレスでのお出迎え姿のインパクトがそれ程でもなかったような気が……(笑)


なので、奈津(かでなれおん)が智子に、「まだお母さんと呼んでいない」と言ったシーンの感動がどこかに吹っ飛んでしまいましたです。あれはいい場面だったのにね。



厚みのあるリッチなシルクを見事な技術で仕立てたコートシルク アムンゼン トレンチコート
智子が着用したコート▲


続けて37話のあらすじです。


問題の下請け業者の社長が自殺。
達彦は、それでこの業者の手抜きが会社の指示によるものだったと知ります。
上司が己の保身の為に犠牲になった形の達彦。その怒りをどこにもぶつけられず…。


香織(伊藤梨沙子)が企画した、矢崎と絵里子(筒井真理子)の結婚式の当日。良介(上遠野太洸)が何も知らない矢崎を迎えに行くと、
矢崎の部屋に泥酔して眠る達彦の姿がありました。


良介は達彦に幻滅していましたが、矢崎から達彦の仕事上での苦しい立場を聞かされ…。


智子たちは、絵里子の病院で矢崎の到着を待ちます。
智子は香織に、結婚式で香織の演奏を聞きたいという絵里子の願いを叶えられなくした事を、謝ります。


やがて、矢崎が到着しますが、後ろに……。



明日の36話。
予告で、みどり(高樹澪)のこれまた問題になりそうな発言が…(笑)
39話の最終回まで、このノリで突き進んでいくのかしらわーい(嬉しい顔)


posted by 昼ドラに嵌まった at 22:24 | Comment(10) | 幸せの時間 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする